« 新年のご挨拶&うちのコ記念日 | トップページ | ニロ心臓検査 2021年4月 »

2021年5月11日 (火)

前庭疾患のこと


半年前のことになりますが
ニロくんが前庭疾患を発症しました。


2回眼振があり、その前に異変があったので
気づいたことなどをメモ。

 

 

1回目の前日

・ソファに乗った時に一瞬ふらつく
・後ろ足に力が入りにくい
・やや元気がない
・落ち着くためによくやる
   ぬいぐるみを噛む行動多め



当日

・ふらつくけど前日よりは少ない
・元気、食欲あり
・寝る頃ウロウロ歩き回る

 

そして夜、横になって寝ている時に
ふと見たら眼振が出ていた。
(ゆっくり横に動く眼振)


いつから眼振が出ていたのか不明。
発見してからはすぐ治まった。
ニロは落ち着いていた。




眼振が出ている時は、目が回って嘔吐したり、
回る景色にパニックになることもあるそう。

この時の眼振はゆっくりだったし、
部屋が暗かったのもあり、落ち着いていたのかも。




それからしばらくはふらつきもほとんどなく
普段通り、何事もなく過ごした。






2回目の眼振は10日後に起きた。




前日

・階段がやや不安定
・後ろ足に力が入らず左に転倒
・元気、食欲あり



何もないところで転倒したのは初めてなので、
さすがに異変を感じた。


この翌日夕方過ぎ、眼振。
前回より重め。


目の動きが速く、ニロも困惑。
目が左へ動くのに合わせ、顔も左へ動いてしまう。

左、正面、左、正面、左...の繰り返し。
かろうじて立っている状態。 


治まる気配がないので病院に電話、
連れてきてくださいとのこと。

💡獣医に見せるためにも、ふらつきや眼振は
撮影しておくことをおすすめします!




病院での処置 

・セレニア注
・プレドニゾロン注
・フェノバール注



飲み薬を処方

・プレドニゾロン
・ノイロビタン(ビタミンB)


プレドニゾロンは一時的、
ノイロビタンはお守り的に継続
(3ヶ月ほど服用)



帰宅後、だんだん眼振がゆっくりになっていき、
注射から4時間後に治まり、ニロ就寝。


ふらつきも日に日に減っていったが、
以降、後ろ足の弱さが目立つようになった。



前庭疾患は何度も繰り返すこともあるので
気をつけなくてはいけないけど、
この半年間は発症していない。
良かった!!!!!


メモ終了。




|

« 新年のご挨拶&うちのコ記念日 | トップページ | ニロ心臓検査 2021年4月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年のご挨拶&うちのコ記念日 | トップページ | ニロ心臓検査 2021年4月 »