« ラト ドライアイ発症から1年 | トップページ | 今年の桜 »

2018年3月19日 (月)

ニロ 足の傷

記録として。

 


 
2月13日


原っぱにて爆走。
何かにぶつかり両膝(付近)負傷。



ぶつかった時、ニロは鳴いたりせず血も出ていない。
その後も走る気満々だったので全く気がつかずsweat01



家に帰ってから気づく。




見た目は「裂傷」



Img_3227





↑これはひどいほうの左膝
 
右もほぼ同じ位置で同じ状態。
(左よりも少し傷が小さくて浅い)






結構ぱっくりいってるので
病院へ行くか迷ったけど、
ニロ自身が痛がる様子も
気にする様子もないことから
この日は様子見することに。




傷口を水洗いするだけで消毒はしない。
っていう治療法を今回は選択。
しかも乾燥させないっていう、湿潤療法。




しかし!
動く部位なのでバンテージやラップ巻き巻きが
全くもってうまいこと出来ず、断念。




てなわけで湿潤療法ではない。
自然治癒にかける。
化膿しないかだけが、ちょい心配。



※すぐに病院へ行った方が良い場合もあるので判断は自己責任で!







以下、経過。




その日の夜。

Img_3255_1



昼間より血が滲んで痛々しい。
滲出液も出てる。



受傷直後よりも傷を気にしてるふう。
ちょい元気ない感じ。
歩行は普通、傷を舐めたりもせず。




 
2月15日

Img_3314

血と滲出液が固まっている。
本犬全く気にせず。



化膿する気配もないのでそのまま様子見。
 




2月19日

Img_3486_1

 
さらに固まり、かさぶた化。
通常散歩。






 
2月25日
Img_3710
 

順調にかさぶた化していたけど
それが浮いてきて何かの拍子で剥がれて再び出血。








 
3月2日

Img_4136


 
これは軽いほうの右足。
順調にかさぶた化し、まもなく自然に剥がれた。
順調。








3月7日

Img_4413




ひどかった左。
今度は自然にかさぶたが剥がれた。



3月16日

Img_4852_1




↑怪我からおよそ1ヶ月後。
 
傷跡が薄いピンクに変わってきた。
いい感じ。




おそらく、ここはハゲちゃうんだろうけど。
そんなの、ノープロブレムgood



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜




という経過をたどり、一応自然治癒。




怪我した当初、白っぽいのが見えたし
病院へ行くかすごく悩んだけど...
病院へ行くだけでストレスだしね。


ニロくん11歳だし心臓病もあるし。
縫うなんてことになったらさらにストレス。



結果的には綺麗に治ったので
今回は様子見て良かった。
 



もちろん、傷の度合いによっては
縫ったり化膿予防に抗生剤服用など
治療が必要な場合があります。

今回は「ニロの場合の記録」
として読み流してください。






ちなみに。

負傷したと思われる場所を確認しに行ったけど
何にぶつかったのかわからないまま。
傷が両膝同じ位置なので、
何かしらの障害物だと思うんだけど。




だからそのあたりで走らせるの怖くて
以降、トコトコお散歩の日々。





しかしかわいいな(*´Д`*)


Img_4531
 



高齢だし今まで以上に
怪我なく遊べるようにしないとね。

|

« ラト ドライアイ発症から1年 | トップページ | 今年の桜 »