« 犬と子供、寝起きギャラリー | トップページ

2017年8月 5日 (土)

ニロ、通院メモ (腎臓etc.)

6月1日に行った血液検査で腎臓の数値が高めでした。



その記録。




6/1


■血液検査


SDMA 参考基準値 0〜14 のところ、16
(ちなみに昨年は 11 )


※ SDMAとは → こちら

クレアチニンとBUN(尿素窒素)は基準値内









6/15


■心臓の定期検査

ついでに腎臓もエコーで診てもらうも、異常なし







6/17


■尿検査(持ち込み)


少し比重が薄めだが異常なし
腎臓ケアのためのサプリ「イパキチン 」の 
サンプルをいただき、その後購入し継続


Img_4284


「炭酸カルシウム」と「キトサン」が
食物に含まれるリンと老廃物を消化管内で吸着するそう






7/1


■尿検査(持ち込み)



ビリルビンが陽性
それ以外は尿比重含め正常



尿中にビリルビンが出るときに考えられる原因

1. 肝臓、胆道系の疾患
2. 溶血性貧血



ニロは以前、ワクチン接種後に血中にビリルビンが出て
溶血性貧血疑いと言われ、治療した過去あり(別の病院にて)





とうことで[ 2 ] の可能性高し・・・
 






7/23



■血液検査
念のため、肝臓と胆道の項目を調べる


全て基準値内、血中ビリルビンもなし







■塗抹検査 

溶血性貧血の犬の症例に近い赤血球の形をしているそう
とはいえ、これは昨年もこの病院で塗抹検査をした際
同じことを言われてています
(先生忘れているっぽい)





ということで、尿中ビリルビンの原因は
おそらく溶血性貧血じゃないか、との結論







ビリルビンが血中に出ていないし
そのほかの数値が異常ないので
経過観察ということに




しょっちゅう持ち込むのも大変だろうってことで
自宅で尿検査が出来る「ウロペーパー」をおすすめいただいた



Img_4286








■SDMA 再検査


外注のため、後日連絡あり

参考基準値 0〜14 のところ、13

ギリ基準値内とはいえ、高め











というわけで、まとめ




【腎臓はグレー】


SDMAが上昇するということは
正常な機能が失われつつあるわけだから
サプリや食事で出来ることを探っていく


10歳ともなると腎臓が老化して機能が衰えている
とも考えられるので、食事を見直す




【肝臓は問題なし】








【溶血性貧血は経過観察】


自宅で尿検査してビリルビン反応があれば
持ち込み尿検査、または通院にて本犬検査





まだまだまだまだ、長生きしてもらいますよheart02

Img_3633




今まで年1回の健康診断だったけど
3ヶ月ごとに血液検査していこうかな







そしてラトくんはラトくんで数値が引っかかり
通院、投薬継続中なり




これはまた改めて記録


|

« 犬と子供、寝起きギャラリー | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬と子供、寝起きギャラリー | トップページ