« ラト、エリカラ生活 | トップページ | 心臓の検査 2017年3月 »

2017年3月11日 (土)

ラト、眼科専門医へ行く

前回からの続き。



 

3日後に眼科専門医へ。




3日間の点眼で、素人の私たちから見ても
傷が浅くなり潤いも少し戻ってきたように見えた。
痛みで閉じていた左目も開いていることが多くなった。




傷がひどくなっていないことにホッとしつつも
どんな検査をするのだろう、とドキドキで受診 。



そして検査。


染色して傷をチェック、眼圧測定、
涙液量を測るシルマーティアーテストなど。

ラトくん、ものすごくビビっていたsweat01
頑張ったね。


結果・・・



・角膜の傷は確認されず
・ただし角膜表面はかなり荒れている状態
・涙液量が両目共に少なく、特に左目はほとんど出ていない



とのことで、「ドライアイ」という診断。
乾燥しすぎているために傷が繰り返し出来やすいそうな。



じゃあドライアイの原因は?
となるとこれは様々らしく・・・

ラトの場合、比較的急性の症状なので
もしかしたら神経異常の可能性もあるそう。

でも犬のドライアイで一番多い原因は 
免疫異常によるものだそう。
参考までに

犬のドライアイ
dog actually 知っておきたい犬の目の疾患






というわけで。


まずは「免疫異常によるドライアイ」の治療を開始。
これで効果が出ない場合は他の可能性を探っていくことに。





毎日3種類の点眼薬。
(途中から抗生物質はなしで2種類に)


2時間ごとに点眼するものもあり、
もうここんとこしょっちゅう目薬さしてるsweat02






乾いてくると目が閉じやすい


Img_7340
   



エリザベスカラーは常に装着。
ドライアイは傷がつきやすいそうでしっかりガード。

お散歩もこれでGO !
Img_7404








そして1週間後・・・


再検査!



結果、右目は涙の量が少し改善されているけど
左目は、ほぼ 0 でした (;д;)

これだけ反応が悪いとなると、神経異常の可能性も出てきた。




涙の分泌に関わる神経異常なのか、
あるいは瞬きをするための顔面神経の異常なのか...。



見たところ顔面に麻痺がある様子はないので
涙を分泌する神経異常なのかもしれないとのこと。


でもこれまた、そうと決まったわけではなく
反応があればこれが原因だったとわかり、
反応がなければこれが原因ではなかったと判断する。




神経じゃなければ、元々涙を作れないとか
また違う可能性を考えていくみたい。


神経異常の場合の治療もやはり点眼。 
自宅でのこまめな点眼をして2週間後に再検査。



(免疫異常の治療の点眼薬も継続中)



ところがこれがかなり刺激が強い薬らしく...
薄めた点眼薬でも痛がると聞いていたのですが
やはりラトくんも相当しみるみたいsweat01


点眼後に痛がって掻く仕草をしたり
3時間経過しても目を閉じていた(;;;´Д`)




そういう場合は連絡を、と言われていたので電話。
一旦点眼は中止して、もっと薄めたものに変更するので
近々取りに来てくださいって。 

思いがけず治療が長引いているけど
ラトくん頑張ろうねー!


Img_7344





とりあえずは
・ラト自身が目に不快感がなくなること
・ 涙の量が増えて傷が出来にくくなること



これがクリア出来ればなー。
私が家にいる間はエリカラ外せるんだけどなあ。
ドライアイは一生付き合っていかねばならないかもなので
完治とはいかずともストレス感じないレベルには持っていきたい。

|

« ラト、エリカラ生活 | トップページ | 心臓の検査 2017年3月 »