« 通院記録その3 免疫介在性溶血性貧血疑い | トップページ | 布団LOVE »

2014年7月16日 (水)

通院記録その4 転院

続きです。


みなとよこはま動物病院の通院記録。



こちらの病院、駆け込み寺的な病院だそうで、
遠方から来る方も多いとか。
とにかく混んでいる。

予約制だけどかなり待つ...と聞いていたとおり、
予約時間から2時間待ってようやく呼ばれる。

「よ、予約の意味...( ̄Д ̄;」と思ったが
実際、診察では時間をかけて丁寧に診てもらえたので
それなりに待つのも納得。

ちなみに2回目以降は30分〜1時間待ちくらいだった。
初診で待ち過ぎて、早っ!と思ってしまったが(笑)

院長指名だと、もっともっと待つみたい。




さて初診。


問診や体のチェック等をして、採血。



心雑音について意見を聞いてみたら
そろそろ投薬を始めてもいい時期かも...とのこと。
(心臓に関しては、検査している病院があるので
そちらで検査してから投薬を検討する)

首の椎間板ヘルニアのことも意見を聞く。
多少の運動はさせて筋肉を維持したほうが良いそう。





そして免疫介在性溶血性貧血の疑いについて。

この日の血液検査でのビリルビンの値は
ほぼ正常値の0.4 (3日前は0.7)。


黄疸は狂犬病予防接種の一時的な影響と考えられるが、
貧血がひどくないことや他の数値からみても、
免疫介在性溶血性貧血に移行した可能性は
低いのではないか、との見解。
ステロイドで抑えられているだけの可能性もあるので
断定は出来ないようだけど。


それより、今は肝臓の数値のほうが心配なので、
治療方針としては...

・肝臓の薬を増やして数値を元に戻す
・ステロイドを徐々に減薬し、最終的にはやめる
・定期的な血液検査で肝臓、貧血のチェック
・首の痛みが再発しないかどうかも様子をみる

というものになるそう。





免疫介在性溶血性貧血かどうか
はっきり白黒はつけられなかったけど、
症例数を多く診ている病院の先生が言うことを信じて
こちらで治療を進めることにする。
なんとなく、安心感はある。

かかりつけ医では急変を恐れて3日おきの採血だったが、
こちらでは次回の検査は2週間後でよいそう。
不安要素が少ないから間隔をあけてもよいわけで、
ちょっとほっとする。



というわけで、2週間ごとに血液検査。計5回。
以下、心配な項目の数値変化、薬、診療費のみメモ。



【ヘマトクリット】

44.5 → 44.3 → 45.5 → 47.9 → 51.9


【ALT】

780 → 202 → 96 → 72 → 43


【GGT】

76 → 20 → 8 → 10 → 43


【肝臓系の薬】

・ウルソ錠       1回1/2錠 (1日2回)
・タチオン錠    1回1錠 (1日2回)
・スパカール    1回1/2錠 (1日2回)




【ステロイド(プレドニン)の減薬】

・最初の2週間      1回2錠 (1日1回)
・その後の2週間   1回1錠 (1日1回)
・その後4週間      1回1/2錠 (1日1回)
・その後2週間      1回1/4錠 (1日1回)

※消化管保護のためサイトテック錠1回1錠も同時投与
   


【その他の薬】

・パセトシン錠         1回1錠 (1日2回)
・ビオフェルミンR錠 1回1錠 (1日2回)

※上記2種は最初の2週間のみ




【診療費】

初診      23,947円
2回目    15,649円
3回目    13,374円
4回目    13,044円
5回目    12,288円
----------------------------
計         78,302円

保険負担額 合計  37,178円
自己負担額 合計  41,124円



後半はヘマトも肝臓も正常値に戻ってきて
先生も「大丈夫そうですね〜」と。
それでも最後まで、ゆっくり、慎重に減薬。


最後5回目の診察では、
「数値が安定しているのでもう心配いらないでしょう」と。
2週間分の薬を飲み切ったらそこで治療終了宣言!




そしてつい先日、やっと薬を飲み終える。






***********************






通院記録は、一応ここで終了です。
2ヶ月半、長かったー!!!!!!


通院も長かったけど、アップするのも
なんだか時間かかってしまった(;;;´Д`)



4月半ばからの通院期間中、レントゲンやらMRI、
そして合計10回の採血に耐えたニロくん!
よく頑張りましたっshine

Photo


そして毎度毎度おつきあいしてくれたラトくん。
どうもありがとうheart02

Photo_2



通院が終了したことで、一段落気分になっていますが
薬を飲まなくなったこれからが要注意です。
首の痛みが再発しないか...。
ヘルニアがなくなったわけではないのでねsweat01


ただ、ヘルニアは勿論心配ではあるけれど、
全く運動しないのはニロくんにとってはストレス。
ヘルニア発症以来、回数は少ない&短時間だけど
何度か原っぱで走りました(*^-^)

Photo




みなとよこはまでも、筋肉維持は必要と言われたので
今後も無理のないように運動をさせます。

フリスビーはさすがにもう卒業。
原っぱ到着後すぐは、フリスビーを探して
バッグをがしがし掘られることもあるけど...
走るだけでも楽しいので、すぐにこの笑顔heart02


Photo_3


家でも「ボール出して!」って要求していたけど、
すぐに慣れて、ぬいぐるみで遊んどります。


Photo_4


今年の秋には8歳になるニロくん。
しっかりケアしてこれからも楽しく過ごせるように
飼い主、頑張りますっ(  ̄^ ̄)ゞ




あら?遠近法?

Photo_2

こんなに差、ないんだけどな^^



|

« 通院記録その3 免疫介在性溶血性貧血疑い | トップページ | 布団LOVE »